top of page

ペットは、飼育者自身の健康づくりにも良い効果・影響を与える


日々多くのストレスと向き合う現代人の健康維持にも ペットとのふれあいは大きく貢献します


ストレス対策と健康雑持

愛犬を連れての毎朝の散歩。爽やかな朝の空気をいっぱい吸い込んで大きく深呼吸・・・。

もう それだけで、充分に鑓康的な毎日が送れそうな気がしますね。

翌朝の散歩を思えば、自然と夜更かしも控えめに・・・。

o愛犬と歩くことで、日々の運動不足も確実に緩和されます。

けれども、犬との散歩がもたらす鑓康への恩恵は、決してそれだけではありません。犬と人とのかかわりについてI犬との散歩時、または、犬の訪問時には副交感神経の活性が高まり、効果は日ごとにました』と研究者が報告しています。

副交感神経が活性化することでリラックスした状態になり、消化もよくなり快眠・快食が促進されます。

また、ベット飼育は血圧を下げ、血液中のトリグリセリド(中性脂肪)やコレステロールも下げます。


犬の散歩がもたらす生理的効果


副交感神経活性の尺度である心拍変動の高周波(HF)値は犬問の散歩中

に有意に上昇し、3日間連続した散歩によってより上昇した、自宅で過ごす

間は、犬が居る方が有意に上昇した。





アメリカでは、 犬との散歩は健康増進に効果的であると推奨され、 『ベット との暮らしがもたらす様々な縫康の効用』について国の機関で近年、 科学 的に研究されています。






自分自身が感じる飼育の効用に関してのアンケート

犬又は猫の飼育による、 自分自身が感じている様々な効用に関して調査しました。


自分自身への効用に関して調査

各項目の数値は5段踏評価で、 「非常にそう思う」または「やや そう思う」 と回答した人の割合。 (複数回答)


アンケートの回答として、 生活に潤いや安らぎを実感できるようになった(55.3%)、 孤独感を感じなくなった(52.7%)ハリのある生活が送れるよ うになった(40.6%)ペットが居ることで自分自身も精神的に生活のリズム ができ、 ベット飼育の効用を多くの人が感じています。





bottom of page