top of page

子どもとペットの交流



ペットはきちんとお世話をすれば、子供にとてもよい影響をもたらします。

ペットとの関わりは子供の情操教育に良い影響を与えると言われています。情緒面や責任感、生命との関わりについての思考が深まるなど、保護者として注目したいメリットがいくつもあります。

今回は、ペットとの共同生活によって子供に与える影響についてご紹介します。



豊かな感情を育む

ペットはとてもかわいらしく、身近で接しているだけで自然と笑顔が増えます。また、ペットはこちらが愛情をもって接すると、相応の愛情をもって応えてくれます。しっぽを振ったりして感情表現をあらわにするイヌはもちろん、ネコやトリもそれぞれの方法で飼い主に対して愛情を示してくれるため、子どもが情緒豊かに育つ手助けとなります。



思いやりの心を育む

集団生活において、自分以外のだれかを助け、支えようとする気持ちは何より大切なものです。小さいうちは自己中心的で、自分以外のだれかに対してなかなか興味をもてないものですが、ペットのお世話をしていると他者のことを思いやる心が芽生えてきます。



責任感が養われる

人形やぬいぐるみとは異なり、ペットは生きものですので、途中でお世話を投げだすことはできません。ただかわいがるだけでなく、ときには叱ったり、大切なことを教えたりして、最後まで面倒を見る必要があります。

自分の役割をきちんと果たす責任感が身につけば、子どものうちはもちろん、大人になっても優秀な人材として重宝されます。



命の尊さを学べる

ペットの寿命は人間より短いため、子どものうちから飼育した場合、必ずペットの死に直面します。命は永遠にあるものではなく、だからこそ毎日を大切に過ごさなければならないということを子どもの頃から知っておけば、これからの人生をより有意義に過ごせるようになるはずです。



まとめ

ペットはかわいいだけでなく、子どもの精神面にもさまざまな良い影響を与えてくれます。 特に「命を愛し大切にする心」「自分が必要とされる存在である」という自覚が芽生えるのは、生きていくうえでとても大切なことです。 また、子供とペットの世話を一緒にすることで、子供の成長をしっかりと感じられるようになるでしょう!


bottom of page