top of page

子どもの心と体に、ペットは好影響を与える



  • 子どもの情操教育につながる

  • 人の痛み(気持ち)がわかる

  • 正しい生命感、 人生観を育む

  • 忍耐力がつく

  • 穏やかな気持ちにさせる

  • 家族の話題が増え、コミュニケーションが出来る

  • 不登校が減る

  • 子どもの非行の予防

  • 鬱病の予防

  • 孤独感を無くす

  • 自閉症の改善

  • 性的虐待の癒し





ベット飼育が、 子どもの非芦語コミュニケーション能力の発達に極めて有効であることは、 古くから知られて ます。 これは、 話をすることができない動物とのふれあいの中で、 子ども達が “相手の気持ちを察すること” つまり” 思 いやり” の心を育むからです。


また 、子ども達のベット飼育の効用はそれだけにとどまりません。

ペットのもたらすリラックス効果や癒しの効果によって、 向学心の向上や集中 カの向上が認められたという研究調査も報告されています。

下のグラフは、 I犬がいる教室』の方が、「平均で約5分間も長く集中力が維持できる』という研究成果です。


犬といっしょに育つ赤ちゃんは、 免 疫力が高まり 、 病気に強い

犬が飼われている家庭で育つ赤ちゃんは、 感染症や呼吸器疾患にかかるリスクが減るとの調査結果が、 米小児科専門誌に掲載されまし た フィンランドのクオビオ大学病院が行った調査。

毎日ある程度の時間を屋外で過ごす犬が周りが高まる可能性があるとしています。

犬や猫が飼われている家庭の赤ちゃんは、 せき、 喘嗅(ぜんめい) 、 鼻炎などの感染性呼吸器疾患にかかる確率が約30%低く、 また耳の感染症にかかる確率も約半分で、 研究チームは、 「動物との接触が免疫系の発達を助ける ことで、 より整った免疫反応をもたらし、 感染期間を短縮させるのではない か」と推論しています。


子ども (16 歳未満)のペット飼育の効用に関してのアンケート

同居家族に16歳未満の子供がいる家庭に調査。

犬又は猫の飼育による、 様々な効用に関して感じていることを調査しました。


アンケートの回答として、 16歳未満の子供の場合

r心豊かに育っている(67.8%)、 生命の大切さをより理解するようになった(59.0%)家族とのコミュニケーションが豊かになった(54.3%)』の回答が多く、 子どもの成長にとってベット飼育の効用を多くの人が感じています。





bottom of page