top of page

ペットがリラックスしている時に見せる仕草



猫の場合

猫がリラックスしているときには…

• 伸びをする

• 体を伸ばして寝る

• おなかを出して寝る

• 飼い主さんにすり寄る

• 飼い主さんと一緒に過ごす

• おだやかな表情をしている

といったしぐさや行動が見られます。


また、猫にリラックスしてもらうためには、食べて、寝て、排泄して、動けることが滞りなくできる環境が必要です。さらにそれらが安心して行えるように、環境を整える必要もあります。



犬の場合

犬がリラックスしているときには…

  • お腹を見せる

  • お尻をくっつける

  • 名前を呼ぶと嬉しそうに反応する

  • 飼い主のそばでぐっすり眠る

といったしぐさや行動が見られます。


この中でも最も特徴的なのが 寝るときに安心しきっている体勢としてわかりやすいのが“ヘソ天(仰向け)”です。急所であるおなかを無防備にさらけ出しているのは、まわりを全く警戒せず安心してぐっすり眠っている証拠です。


ハムスターの場合

ハムスターがリラックスしているときには…

  • 毛づくろい

  • 仰向けで眠る

  • 丸くなる

といったしぐさや行動が見られます。


仰向けで眠る時は暑くて寝苦しいサインであることもあるので、よく観察する必要があります。同じく、体を伸ばして寝ているのも暑くて寝苦しいサインです。



おまけ

金魚が口をぱくぱくさせているときは「何か不調があるため、エサやりや水換えなどのアクションを求めている」と言えます。完全にリラックスしている金魚は口をぱくぱくさせません。つまり、金魚が口をぱくぱくさせているのに気づいたら、金魚が何を求めているのかを考える必要があります。

動物や魚は会話ができませんが、仕草でその時の気持ちを示してくれます。 ペットの様子をよく観察して、ペットの気持ちを考えて寄り添うことで、より一層絆が深まるでしょう。


Comments


bottom of page