top of page

ペットの共生は、人々の心身の健康に良い影響を与えます



近年の研究で、 ベットとの触れ合いにより発生する、 いわゆる「癒し効果」と 呼ばれるものが、 気分的なものではなく、 生理学的根拠に基づいたものとい う数多くの研究・報告が寄せられています。


ペットを飼うと、 日常的な健康問題が減少する

犬や猫を飼育すると、 通院回数が減り 医療費の削減につながります。

また、 大脳皮質の神経の活性化効果がありました。

活動中の脳内の神経活性を測る装置を 用いて実験を してみたところ 、 「スワレ!」と人が指示を出して犬がその言葉に従って座ったとき、 大脳皮質の神経活性が上昇することが明らかになりました。 さらに、 うつ病の人に犬を抱っこしてもらったら同様に大脳皮質が活性化されたのです。


海外の研究者から 、 ペットとの様々な共生効果について発表さ れています

  • 世話をする対象、 愛撫する対象、 安心感を得る、 孤独感の軽減、 仕事を作り運動するための剌激となって規則的な生活を促進する。


  • 動物に触れたり、 触れられることは、 高齢者の孤独感や疎外感、 ストレスの軽減に役立ち、 情緒的に支え治療的に役立つ。


  • 動物をなでることの効果 愛犬・愛猫などのベットを撫でることで、 心拍数や血圧が安定し、 鎮静効果がある。


  • ペットの飼い主は、 通院回数・薬の使用頻度、 高血圧、 高コレステロール値、睡眠障害が少ないことが犬の飼い主では、 8%、 猫の飼い主は12%減少。


  • 7000人の心臓病リスクのチエックを受けた男性の調査結果、 男性の犬の飼い主は、 トリグリセライドやコレステロール値が低い。(喫煙や食事、 運動量、 その他の因子にかかわらず)


ペットとの共生効果は、あらゆる年代・属性の方が感じています。アンケート調査の結果、すべての年代で良い結果が得られています!


子ども(16歳未満 子どもがベットを思いやる心が惰操面や、命の大切さ、コミュニケーションな どの心を育んでいると多くの方が感じています。


夫婦のコミニュケーション ペットがいることで、 会話が多くなり、 和やかになり、 いっしょの時間も増えより良い関係になったと多くの人が感じています。


高齢者 寂しさを癒したり、情緒の安定、ストレスの減少等、高齢者にとってベットは 鑓康維持の大きな役割を占めています。


自分自身 生活の中の潤いや安らぎ、孤独感の解消、生活に張りができ、毎日の暮らしに欠かせない存在になっています。

bottom of page