top of page

高齢者にとってペット飼育は 心や体に元気と活力を与える


ペットはお年寄りの心と体に元気を与えます!

  • 血圧や脈拍が安定する

  • 病気の治癒的効果を上げる

  • 延命効果をもたらす

  • 宴たきり老人が改善 (40%-3%)

  • 認知症予防

  • 笑顔が増える

  • 疎外感をなくす

  • 生活にメリハリがつき、リズムが生まれる

  • やる気が出る

  • お年寄り同士が以前よりよく話し合う

  • 安心感が得られる


ベット飼育の高齢者医療の抑制の効果に関して貴重な研究結果が発表され ています 日頃『ストレスを感じている人Jの通院回数が 犬を飼っていない人が年10.37回に対して、飼っている人は年8.62回にとどまっています。毎年増加している国民医療費全体の抑制にもつながる重要なペット飼育の効果と言えます。


ちなみに、ベット飼育による医療費抑制についてドイツでは年間7547億円、オーストラリアでは年間3088億円の節約効果が報告されます。


高齢者と身近な動物の関係について

獣医師として診療し、人と動物とのふれあいの場を提供し精神面とリハピリテーションの手助けをする動物介在活動、動物介在療法、動物介在教育を取り系且まれている柴内裕子先生。

これまでの研究・経験により、高齢者にとってベットは、心身ともにかけがえ のない大切な存在であることが解ります。


  • 動物の世話は自尊心を支え生きがいと安心感を生み、 身体的苦痛を和らげる

  • 孤独感や疎外感から離脱し望みを見いだす

  • 他言や反9裔のない話し相手となり、軟らかい、温かい(動物たちは3, 4度程度体温 が高い)愛らしい存在として、 高齢者の情緒的な必要性を満足させ愛情の対象となる

  • 肩害きや年齢、 貧宮に関係ない愛情の対象となる

  • 希望の喪失や無力から立ち直らせてくれる

  • 生活のリズムを支え、社会的な接点を生み出す

  • ストレスの減少、 活気を生み責任感と協馴性を育む

  • 高齢者にとって心を通わせ、 愛し愛される友人を得ることが大きな生きがいとなる


高齢者のペット飼育の効用に関してのアンケート

同居家族に65歳以上の高齢者がいる家庭に調査。

犬又は猫の飼育による、 様々な効用に関して感じていることを調査しました。



65歳以上の高齢者への効用に関して調査

各項目の数値は5段階評価で、 「非常にそう思う」または「ややそう思う」 と回答した人の割合。 (複数回答)


アンケートの回答として、 情緒が安定するようになった(42.4%) 、 寂しがる ことが少なくなった(42.1%) 、 ストレスを抱えないようになった(34.0%) の回答が多く、 高齢者にとってベットは精神的な面で特に効用が在ることが わかりました。




bottom of page