top of page

夫婦間の関係がよくなったり、病気の患者さんの健康改善にも影響



ペットってどんな存在?



ペットはどんな存在?この質問で の回答で、 最も回答が多かったのは

「家族の一員」(48.7%)でした。

「夫婦で住んでいるので、 自分たちの 子どもみたい。 手がかかるけどすご

<幸せで、 子どもを持ったら、 きっとこんな感じなんだろうな」(女性 20代)など、 同様9位にも「子ども」4 .0%)が挙げられ、 息子、 娘と思っている方も多くいます。ベットは、 夫婦間のコミュニケーションを活性化させ、 「会 話が増える」・「夫婦喧嘩が少なくなる」など、 夫婦·家族のきずなを強める「かすがい」の 役割を果たしています。


ペットは、 病気の患者さんにも効果があるという研究結果もでています。 ペットの飼育は、 病気で療養中の患者さんの治癒・回復や精神的な 癒しに効果的な事例も報告されています。

  • 介助犬を運れている障害者の方が周りから微笑みや言葉をかけられやすい。

  • 軽い風邪や胃腸炎はペットを飼百している人の方 が治りが早い。

  • 心疾患で入院した患者の退院1年後の生存率


ペットを撫でることで、 「幸せホルモン(オキシトシン)」が分泌さ れ幸せな気分になります。

人間やペットが幸せだと感じるときには、脳内からあ るホルモンが分泌されることがわかってきました。

その名は「オキシトシン」。

相手への信頼感や絆を深める作用もあり、「幸せホルモン」 と呼ばれています。 人間が動物の体をやさしくなでるときや、 アイコンタクトをとった時に分泌されます。

また、 動物の体内でもなでられたり 、 アイコンタクト時に分泌量が高まることが証明されています。

人間とベットがふれあうことで、 お互いにホルモンの分泌が増えて、 幸せな気持ちをもたら してくれます。


夫婦関係のペット飼育の効用に関してのアンケート

犬又は猫の飼育による、 夫婦関係にもたらす効用に関して調査しました。


夫婦への効用に関して調査

各項目の数値は5段階評価で、「非常にそう思う」または 「ややそう思う」 と回答した 人の割合。(複数回答)





bottom of page