top of page

子どもが自分で世話できる昆虫



子どもが自分でお世話できる昆虫は? ダンゴムシ・カタツムリ・バッタなど、野菜や草を食べる“草食系”の虫は、エサが手に入りやすく、子どもと一緒に飼育しやすい虫です。 一方、トンボ・テントウムシ・カマキリなどは、生きた虫を食べる“肉食系”です。 エサが手に入りにくいので、はじめて飼う場合は“草食系”がおすすめです。

家で飼育できる草食系の昆虫をご紹介します。


カブトムシ

とにかく丈夫なので、少々扱いが雑でも飼うことができます。

餌はスイカの皮や昆虫ゼリーなど。

男の子に大人気の虫の王様です。


クワガタ

飼い方はカブトムシと似ています。

挟まれると痛いので、その点は注意。


バッタ

餌は草なので、食べ物の調達は簡単です。

しかし、たくさん食べることと、飼育ケースの中では草が長持ちしないことから、大量の草が必要です。たくさん飼っていると、庭の草があっという間に無くなっていきます。

大量の草とフンの分だけ、掃除も必要です。


ダンゴムシ

容れ物と枯れ葉があれば、住み家+食べ物の問題は解決です。

他にもいろいろと食べるので、何を食べるか試してみることも楽しめます。

掃除も、フンが溜まったら取り除くだけです。

持っても痛くないし、動きがゆっくりで捕まえやすい。


オケラ

飼い方としてはダンゴムシと一緒です。

ただ、食べ物が落ち葉でない分、ほんの少しだけ大人の手が必要です。

食べるのは植物の根なので、子どもがその気になれば集めることができます。




子どもが自分で世話をできる生き物かどうかは

  • エサを確保できるか

  • 生き物の住み家を作ることができるか

  • 水替えや掃除ができるか

で判断します。「大人に手伝ってもらうことなく、世話をすることができるか」を考えると、餌やりが簡単で、身近にいる生き物が飼いやすいことが分かります。











bottom of page