top of page

観賞魚・小鳥・小動物・昆虫などの様々な飼育効果



熱帯魚(アクアリウム)の飼育による効果の研究成果が発表

熱帯魚の水槽を眺めることには、 「癒し」の効果が有ります。 犬や猫と言ったベットと触れ合うことにより安らぎが与えられるように、 アクアリウムにもそのようなリラクゼーション効果が有ります。

近年、 行われた “生活の中のアクアリウムの効果研究チーム” の実験で、 以下があきらかになりました。


  1. 観賞魚水槽を眺める時間が長いほど、 ストレスを与えられても心拍振動にリラックスしている波長が確認された。

  2. ストレスを受けた後、観賞魚水槽を眺めることでアミラーゼ(ストレス指標酵素)活性が低下する。

  3. 観賞魚水槽を眺める時間が長ければ長いほど人の体の中では、生理的なリラックス(癒し)効果が現れていることが明らかになった。

  4. 高齢者に向けた効用の検証では、観賞魚と接することで、 高齢者の好奇心が高まり、 生きがいにもつながる。

〈生活の中のアクアリウムの効果研究チームメンバー〉

国立大学法人岐三大学 合掌顕、 大井條三/中部学院大学 大褐明、 医療法人社1i1l祓広会 長崎功美/ジェックス株式会社 中野巧、 吉田恵史郎


また、海外で発表されている「アクアリウムの効用」に関するデータでは、アルツハイマー病の老人62人に対して、水槽を見せたところ、開始3週間から 食事羹が改善され、4か月間見続けることで体重も増加した。別の論文では水槽の熱帯魚を見つめると高血圧患者でも健常者でも血圧が下がるという症例が発表され、この論文発表後、アメリカでの水槽販売が急激に伸長しました。


話題になったペストセラーで、 オウムの実話が紹介されています。

2010年に出版された「アレックスと私」日本でも大きな 話題となりました。

アレックスという名のオウム科の天才ヨウムの実話で、作者が、 アレックスと30年にわたる、 訓練と実験と研究の結果、「鳥類の脳の仕組みだけでなく、 鳥 が 意志を持ち 、それを言葉であらわし、また、相手の言うこと要求を理解して行動できる」と証明した、その30年の歩みが記されています。

鳥は “思考して 話す” という驚愕の事実を証明し、CNN、 タイム誌などで話題になり、全米に感動を巻き起こしたノンフィクションです。

この本では、 アレックスがポジティブな心と体の鑓康上の変化をもたらしてくれるかが紹介されています。

また、鳥の飼育効果研究で、一人暮らしのお年寄りがセキセイインコを飼うと心理的・身体的健康状態 がよくなる事が発表されています。


様々な種類のペット「ハムスター」「モルモット」「亀」「ウサギ」「昆虫」等の飼育にもさまざまな効果があるといわれています。

ベットを実際に飼うことで「責任感が増す」 、 「精神安定」、 「生活が規則正しくなる」、 「家族の調和」など、 あらゆる面で良い影響があります。 ベットを飼育するうえで一番大切なことは、 どんな種類のベットも生き物として、 最後まで面倒を見ることが大切でそれが鑓康や生きがいに繋がります。



bottom of page